Mac Book ProにWindows8をインストール

Windows8でWindows Phone8のデバッグをするために早速トライしてます。

1. 富士通のDVDディスクドライブがMBPで使用できることがわかりました。

2. MacのディスクユーティリティーでDVDの新規イメージを作成し、拡張子を.isoに変更

3. Boot Camp アシスタントを使用し、USB 8GBにインストールディスクを作成

4. Windows サポートソフトウェアをAppleからダウンロード

5. Windows8 Proをインストール

250BGのうちMacに100GB、Windows8に150GB割り当てました。

ここから、Windowsのインストールです。

インストールするパティションを選び、フォーマットする。

(ここで削除してしまうと、ドツボにはまります。自分の場合は、Macが起動しなくなり、Optionキーで起動し、最初からやり直しました。)

あとは、普通にインストールしていきます。

広告
投稿者: sadaki7 カテゴリー: MBP, Windows8

Windows8

今晩、Windows8 Proにアップデートしました。

タッチパネル用と今までのWindows操作は、左下の角で切り替えできます。

まだ、使い勝手がよくわかりません。

Windowsに切り替えると…

 

投稿者: sadaki7 カテゴリー: Windows8

自宅のWiFiの問題

異常現象一覧:

よくWiFiが切断する。

AndroidのアプリがDownloadできない。

=> ルータのFirmwareのVersion upをしたら、AndroidのアプリがDownloadできるようになった。

あとは、WiFiの問題ですが、チャンネルを変えたり、リブートしたりしないと繋がらないので、安いものを新規に購入しようかなと考えてます。(ルータが壊れている?…)

=> 結局 4,500円ぐらいでWiFi Routerを購入し、すべての問題が解決。もっと早く買い換えていれば良かった。

 

投稿者: sadaki7 カテゴリー: Network

MacにAndroid開発環境を準備

1. ターミナルからJDKのインストール

java -version で確認し、インストールされていなければインストールする。

2.  開発環境 Eclipse Classic 4.2, Mac OS X 64bitsをインストール

3. ADT Plugin for EclipseとAndroid SDKのインストール

Install Android 2.2を選択

4. Eclipseの設定

文字コードをUTF-8にする。

5. エミュレータの作成

6. 後は、プロジェクトを作成し、アプリ開発をスタートするだけです。

追加:

自分はMBPのRetinaディスプレイのため、エミュレータが機能しませんでした。

で、Android ToolをPreview Channelに変更し、うまく動くようになりました。

 

投稿者: sadaki7 カテゴリー: Android

Android開発基本

とりあえず、忘れないようにメモしておきます。

1.Version upを開発するときは単純にpackageをコピペする。で、Version情報を修正。

2.画面を追加するときは、layout画面を追加する。

3.Activityクラスを追加して、sourceメニューからoverride/implement methodを選択し、onCreate(Bundle)にチェックを入れてMethodを追加する。

4.ManifestにActivityを追加する。

投稿者: sadaki7 カテゴリー: Android

Nexus 7

まちにまったAndroidタブレットが到着。

早速、開発中のものを実機にインストールしてテストしてみました。

問題なく、動作することが確認できました。

が、実感したことは、Android開発者としては、まだまだ初心者だということ。

地道に、ゆっくり行こう。(この方向性でいいのでしょうか)

 

Androidアプリのテスト

簡単なアプリを作成し、Google Playでアプリを公開してみました。
アイコンのスペル間違えてしまいましたが、とにかく無料アプリの公開を経験してみました。

4桁の乱数 ( Random4 ) という4桁の乱数を表示するアプリです。

開発はAndroid 4.0で行いました。

インストール可能な実機は、Android 2.2 から Android 4.0までです。

Androidアプリに署名を付けたり、apkファイルを作ったり、iOSの開発と違いますね。

投稿者: sadaki7 カテゴリー: Android

MBPのXcode 4で開発

Mac Book Proでの開発をしようと思いましたが、まずはStoryboardになれる必要がありました。

で、Mac miniで開発環境をすでに構築していたので、2台目ということになるので、実機へのインストールのために、秘密鍵をMBPにコピーして、やっと実機でのテストができるようになりました。

 

iPadのジェスチャ

なんか楽しい。いまごろ、タブレットらしい機能の学習してます。

iPadの画面をタッチして、タッチしたところに画像を表示するだけでも楽しい。

シングルタップ、スワイプ、カスタム・ジェスチャなど。

タッチイベントで状態が変化していく仕組みでコントロールしてるんですね。

Xcode 4.3.3 を使用してみた

しばらく使用して慣れる必要がある。

とりあえず、Command Lineでアプリをデバッグするためには、Xcode-Preferences-Downloadでインストールしてからでないと、使用できないことがわかりました。